2012
04.19

地震被害想定の見直し

Category: ニュース
多摩地区の死者、最悪2460人と推計…立川断層帯地震で】(4/19)

東京湾を震源とするマグニチュード7.3の「東京湾北部地震」、「多摩直下地震」の2つの地震、都内に大きな津波の被害を残したマグニチュード8クラスの「元禄型関東地震」、活断層によるものとしてマグニチュード7.4の「立川断層帯地震」の4つのケースについて地震被害想定の見直しが発表されました。
私が住んでいる自宅のある昭島市は「立川断層帯」のすぐそば(自転車で10分くらい)。今年始めのニュースでも「立川断層帯地震」の発生確率が東日本大震災以降高まったと言っていました。今回の発表では、自宅近辺は震度7を記録し、冬の午後6時、風速8メートルの状況で死者2460人と推計されました。いつの日かマジで地震のない地域に移り住みたいものです。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top