2011
10.04

思い出の扉:「新婚旅行(2003.7.27UP)」

Category: 思い出日記
今回は新婚旅行のことをアップした記事を載せます。
もう30年前のことなんですね。ちょっと前の旅行のように思えます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「新婚旅行(2003.7.27UP)」
『ついに昭和56年6月1日(月)にめでたく結婚。私が23才、彼女が21才になったところだった。今思うと二人とも若かった。そういえばもう私の一番上の娘がそういう年頃になってきた。あと2~3年で昔の彼女と同じ年令になる。今の娘があと数年で結婚するなんて考えられない‥

話を元に戻そう!
その日のうちに無事結婚式&披露宴を終えた二人は、着替えて電車に飛び乗った。行き先は羽田空港内のホテル。今日はこのホテルで1泊をしてから次の朝、沖縄に向けて飛行機で旅立つ予定になっていた。今回初めてモノレールというものに乗った。そして初めて羽田空港に来た。そして初めてホテルのレストランで豪華な食事をした。二人の門出なのでちょっと贅沢をした。

ちょっと、話を数ヶ月前に戻そう!
実は新婚旅行をどこにしようか相談した時に、最初は「海外に行こうか」との案もでた。それから色々考えて「ロタ島」にしようかと思った。しかし、その頃は「海外へ行く為に面倒くさい手続きが必要で、検査もしないといけない」とのイメージがあった。なので「どうせなら北海道1周ってのもいいんじゃない。食べ物もおいしいし」と彼女にいったところ、「できれば、のんびりしたい。北海道じゃ回るだけで疲れてしまう。」と言う。確かに北海道は新婚旅行としてはハードだ。それでは「沖縄の与論島に行こう。この島でのんびりしょう」ということになり、急遽「沖縄&与論島」に行き先を変更したのだった。

話を飛行機初体験の当日に戻そう!
今回の新婚旅行の行き先が与論島ということは電車や車や船ではあまりに遠すぎて現実的ではない。仕方なく、というかこれしか選択肢が無くて飛行機にした。私は飛行機を見るのは好きなのであるが、乗るのは嫌いだ。できれば飛行機には乗りたくはなかった(基本的に地面に足が着いていない乗り物はダメなのだ)。

一応、新婚旅行ということでジャンボ機のファーストクラス(2階席)であった。出発時間が来たので飛行機に乗り込み、心の準備を済ませた(皆さんはよく飛行機を使われているのでなんともないと思うが、初めての私としては恐怖に苛まれていた)。そして時間が来て、飛行機が滑走路を動き出し、飛び立つ姿勢に入った。しかし思ったよりも簡単に離陸し、あっという間に東京上空を通り過ぎて行った。ここまでくると開き直りというか諦めというか何故か落ち着いていた。そしていつの間にか沖縄の海や島が眼下に見えてきた。その頃には恐怖は消えていた。

初日は沖縄の史跡巡り。どんなツアーだったかというと、太平洋戦争の足跡を辿って行くもので、回るところが「マブニの丘」「ひめゆりの搭」など、戦争の傷跡が残る場所ばかり。新婚旅行にはちょっと合わなかったと反省している。

与論島には船で渡っていった。着くとそこはどんよりした曇り空。6月に入って沖縄は暖かくなってきている。船を下りるとそこは何もない。そして誰もいない。なんと迎えの人が来ていないのである。ちょっと不安が横切った。どうすればいいかわからない。仕方がないのでホテルに電話。少ししてジープが迎えに来た。そして着いたのが小さなホテル。でも雰囲気はいい感じ。とりあえず夕飯を食べた。予想はしていたがこってりした肉料理がメイン。私の苦手な料理であった。

次の日は観光がメインだった。この日もジープに乗って回った。私達の他に二人いた。まずは、ハイビスカスなどの熱帯植物が生い茂った植物園に向かった。ここは沖縄に来たって感じの場所。そのあと、城跡へ行ったり、海の中にある砂浜へボートで渡ったりした。この砂浜は干潮の時しか渡れないところで、「取り残されたらどうしよう」なんて不安がっていたりした。なんたってボートが一旦本島へ戻るんだから‥

次の日は海水浴をしたりお土産を買ったりして過ごした。沖縄にはハブがいるので有名だが、この与論島にはいないらしい(不思議なことに1つ置きの島にハブがいるらしい)。与論島ではゆっくりできて良かった。

最後は、また沖縄に戻ってきた。そして守礼門やその他を見学をした後、帰途についた。もちろん帰りもジャンボ機だった。2回目のフライトだったので余裕?でもなかった。乗ったのが翼の横だったのだが、飛行中はこの翼が大きく揺れて、翼が取れそうに見えるのである。ちょっと怖かった。でもなんとか新婚旅行も無事終わり、次の週からいつもの会社生活が始まった。あっという間の4泊5日だった。

《追伸》
・最後の沖縄のホテルで「思い出の缶詰」を造った。これは相手への手紙や思い出の品を入れて缶詰にしてくれるのである。そして「10年後に開けようね」と約束したが未だに開けていない。もう30年以上経っているのに‥
コメント
与論島って鹿児島県ですよね?
dot 2011.10.05 20:33 | 編集
こんばんは~
ちょっと恥ずかしい話なんですが、この記事をアップした当時は与論島が沖縄って思っていたんですよ。その後、知人から指摘されて与論島が鹿児島県って言うのを知った次第です(^^;
今回は昔の記事をほとんどそのままアップしたので間違ったままでした(直すのを忘れてました)。ご指摘ありがとうございました。
釣りボウdot 2011.10.05 21:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top