2010
08.05

『能』を堪能(o^_^o)

Category: 家族
うちの奥さんの付き合いで「観世会荒磯能」を見に、観世能楽堂へ行ってきました。
私が能を見るのは2回目です。前回は国立能楽堂で初めて見たのですが、この時は内容説明を聞いていなかった為に余りよくわかりませんでした。というか、面白さがわかりませんでした…
しかし、今回は開演前に30分ほど当日の演目の解説してくれたので何となくストーリーがわかり、見ながらどんどんと能の世界に引き込まれてしまいました。
この日は、「能:芦刈(あしかり)」と「能:殺生石(せっしょうせき)」の2本立てだったのですが、その間にあの野村萬斎による「狂言:お冷し(おひたし)」もあり内容満載でした(⌒‐⌒)
たまにはこんな感じの日本芸術(歴史)に触れるのもありかなって気がします。

PS.能の出だしで小鼓と大鼓の演奏と掛け声のやり取りがあるのですが、これが耳について離れません。“ほぉ~ ポン!”
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top