--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
03.05

特殊な信号機

Category:
以前、テレビのクイズ番組で紹介されていた特殊な信号機を実際に見つけました。
「Wikipedia」によると、【信号機が本来表示すべき交通ではない他の交通が誤認を起こさないように、灯火上部のひさしが横に伸びているもの、灯火のカバーに偏光レンズを使用しているものなどがある。信号の誤認には、真正面以外の方向から見えて誤認する場合と、同一の正面方向に短い間隔で異なる表示をする信号機が複数あるため先の信号機を見て誤認する場合がある。いずれも、誤認は交通事故の原因となるので、一定の角度以外には信号機の灯火が見えないようにされている。】とのこと。
私が見つけたのは、交差点がすぐに続けてある場所での信号機で、手前側の太い道路の交差点の信号は普通なんですが、奥側の細い道路の交差点の信号機が特殊なものとなっていました(写真がピンボケですみません)。
sinngou-aka20090305.jpg 赤色と黄色は両方の信号機とも表示します

ところが、青色に変わると、この位置では奥側の信号機の青色表示が消えます。
sinngou-ao20090305.jpg 以前は壊れているのかと思ってました

そして、奥側の信号機の真下付近に来るとジワッと青色が見えてきます(この信号機は、灯火上部のひさしが横に伸びているタイプのもの)。
ここでは、必ず奥側の交差点の信号が先に青色になります。ということは、上の写真で手前側の信号機がまだ赤色なのに奥側の信号機が青色に変わった時に見間違って手前の信号が青色になったと勘違いして交差点を進行してしまう可能性があるからなのでしょうか。
何しても安全運転を心がけたいものです(^_-)-☆

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。