2009
02.19

車にまつわるエトセトラ

Category:
ここ2~3週間の間に私が車に乗っていて出くわした出来事をまとめてみました(^v^)

(1)事故多発地帯?:2週間前の土曜日の朝5時30分頃、茨城の寮から東京の自宅へ戻る途中の高速道路(外環道)での出来事。
 ⇒この日は幸魂大橋の先で工事があったらしく、その手前にある「2km先で工事中」の電光掲示板が見えました。ところが、すぐに大渋滞。「今日は混んでるなぁ~」と思ってゆっくり車を走らせていると、橋の上で3台の車が絡む小さな事故。「たぶん渋滞を見落として最後尾の車に追突したか」と思って先を急ぐと、またもやプチ渋滞。何と今度は2台の追突事故。「今日は多いなぁ~」と思っていると、すぐ前にも3台の接触事故。どの事故もまだ当事者同士での相談中。まだパトカーも道路公団の車も来ていませんでした。同じ時間帯にわずか数100mの間に3つもの事故が起きた現場を目撃したのは初めてだったのでちょっとビックリでした。車の運転中は車間距離を十分とって前方確認をしっかりしたいものです(^_-)-☆

(2)不審車両!:2週間前の日曜日の夜10時30分頃、今度は東京の自宅から茨城の寮へ戻る途中での出来事。
 ⇒いつものように夜10時頃に自宅を出発。そして、ある交差点を過ぎたあたりから急に混んできてスピードダウン。よく見ると、4~5台前の車がいやにノロノロ運転。後ろの車もイライラモード。そして2車線になったところで、私とノロノロ車との間にいた車はすべて追い越し車線へ。なので私とノロノロ車との間に空間ができました。私はのんびり帰るつもりでしたので、スピードを上げることも無く普通に走っていると、私の車の後方から追い越し車線を走ってきた車が、私の目の前に割り込んできました。そして、ノロノロ車の後ろを数分走っていたかと思うと、急にその車の天井に赤色等が\(◎o◎)/!
マイクで呼び止めながら路肩へノロノロ車を誘導。私はその横を通り抜けたのですが、もしかしてそのノロノロ車は飲酒運転だったのかも?
確かに夜遅い時間帯に2車線のところを制限速度以下で走る車は少ないかもしれませんね。もし私が2車線のところでスピードを上げていたらもしかしてスピード違反で私が捕まっていたかも(^^ゞ

(3)20数年ぶりに3回目のJAF要請:先週の土曜日夕方の出来事。私は車の免許をとってからかれこれ27年になりますが、もしものことも考えて早い時期にJAFに入りました。なので、25年以上は加入していることになります。この間、20年位前に2回目の要請をしてからはその後まったく縁が無かったのですが、超久しぶりにJAFを呼んでしまいました(^_^;)
 ⇒この日はうちの奥さんと車で遠出していたこともあり、夕飯は簡単な小僧寿しにしようということになり、自宅近くの小僧寿し店に直行。お店の目の前の路肩に車を止めてうちの奥さんが買って来るのを車の中で待つことに(このお店には駐車場が無いのでほとんどの車は路肩停車)。この時は環境の為にと思い、エンジンは止めてハザードランプのみを点けていました。お店が混んでいたこともあり車に戻ってきたのは10数分後。帰ろうと思い、エンジンをかけようとするが何故かうまくかからない。ブレーキペダルもメチャ重い。これは電気系か油圧系の故障だと直感的に思いましたが、どうしようもできないのでとりあえずJAFに電話。夕方と言うこともあり現場到着まで45分くらいかかるとのこと。周りも暗くなってきたので追突されないようにハザードランプは点滅継続。すると早い段階からランプの明るさが低減。いつ消えてしまうかヒヤヒヤものでした。そしてピッタリ45分後に現れたJAFのおじさんの手際よい行動ですぐにエンジンはかかりました。ホント良かった(^v^)
エンジンがかからなかった原因はバッテリーの充電不足(電圧・電流低下)ではありませんでした。何と、バッテリー端子の腐食?でした。プラス側の端子にはカバーがされているのですが、それをはずしたところ白い粉で端子が覆われていたのです。JAFのおじさんによると、「本来は面接触であるべきなのに腐食?の為に点接触になりちょうど電流が流れなくなっていたのではないか」と言うことで、この腐食はプラス端子によくできると言っていました。すぐに金属ブラシで端子を磨いてさび止めをしてくれ、その後の端子間の電圧や電流測定でもまったく問題なし。マジでバッテリーの交換はしなくて良くなったのでホッとしました。それにしても、約1ヶ月前にいつものディーラーにて6ヶ月定期点検をしてもらったばかりなんですけどね(-_-;)
JAFのおじさん曰く、「私がもし整備士ならバッテリーの端子とかはチェックしますけどね」だって。私もたまにバッテリー液の確認はしてましたが、カバーをはずしてまでプラス端子は見ていませんでした(^^ゞ
今の車にはこれからも頑張ってもらって、壊れるまで長い期間動いてもらいましょう(^_-)-☆

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top