2006
07.16

夫婦東北旅行記(1日目)

Category: 旅行
以前のブログにも書きましたが、今年の6月1日は私の結婚25周年(銀婚式)でした。これを記念してうちの奥さんと二人でちょっと長めの旅行をしようと思っていたのですが、なかなか二人の時間が取れなくて結局7月半ばまで延びてしまいました。
今回はうちの奥さんが行きたいところに絞って3泊4日としました。ということで、本当は1日くらい八郎潟で釣りをしたいとも思ったのですが、ここは我慢して今回は釣りは無しです(^^ゞ
旅行を計画をする段階でうちの奥さんの行きたいところは、「岩手県一関市」「岩手県遠野市」「岩手県花巻市」そして「青森県十和田市」でした。どんなルートで回れば一番効率的か考えましたが、結局、泊まるところだけ確保して実際には旅行先で決めちゃいました(^v^)

*1日目(7/16)
一番最初に行きたいところを聞くと、「NSPゆかりの地である一関市」ということでしたので、とりあえずここを目指します。NSPは私達二人の青春そのものなんです(^^♪
朝の2時頃に自宅を出発。小雨が降っています。私は前日に数時間くらいはウトウトして寝ていたのですが、うちの奥さんは家の仕事をしていて結局徹夜で行くことに(゜o゜)
自宅⇒外環道⇒東北道のルートで一関ICに着いたのがAM8時頃。途中のSAで数回の休憩を取りましたが、ほとんどぶっ通しでの運転でした。うちの奥さんも眠たかったと思うのですが、起きて私の相手をしてくれました。下の写真はAM4時30頃の東北道で撮りました。
20060716-1.jpg
雨も途中で止み、空も明るくなってきました。

最初に行ったのは、「厳美渓」。ここは国の名勝天然記念物に指定され、栗駒山を原流とする磐井川の中 流にあり、日本百景に数えられているそうです。こんな感じです。
20060716-2.jpg
岩肌と水の流れが印象的でした。

ここを見学した後で、道の駅「厳美渓」で休憩。これ以降、休憩を兼ねて道の駅にはできる限り立ち寄りました。
次は、NSPのメンバーが高校時代に過ごした「一関工業高専」に。ここでは守衛さんに断って校舎及び正門でうちの奥さんを撮ってあげましたが、メチャ喜んでました(^_-)-☆
それから、NSPのメンバーが曲を作る為によく来たという、「磐井川」&「釣山公園」に向いました。人も少なくのんびりとした時間を過ごせました。
お昼頃になり、うちの奥さんも満足したようなので、次の目的地である気仙沼に向いました。ここの唐桑半島にはこの日に泊まる「国民宿舎 かわくわ荘」があります。
道の駅「かわさき」を過ぎた辺りの山の中では下の写真のような入道雲が見えるほどお天気も回復しました。
20060716-3.jpg


唐桑半島内にある「漁り火パーク」というレストランで昼食をとり、まだ宿のチェックインには時間があったので、ここの駐車場で少しの間、昼寝をしちゃいました(^^ゞ
そしてPM4時頃に宿に到着して、夕食までの時間に付近を散策。
20060716-5.jpg
岩場が多いです。

20060716-6.jpg
リアス式海岸は険しい

花も咲いていたので撮りました(^_-)-☆ なんて名前の花なんでしょう?
hana01.jpg

hana04.jpg


今日は500km以上の距離を一人で運転してきたのでちょっと疲れてしまい、夕食を食べてすぐに寝ちゃいました(-_-)zzz

2日目につづく
back-to-top