--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
09.30

クラブの月例会結果(9/30)

Category: ボウリング
☆クラブ月例会(9/30)
3週間ぶりのボウリング。体力と指の抜けが心配。
同じボックスは、K林さんとM谷さんとK村さん。

・1G目:ストライクスタート! その後スプリットが1回出たものの
ターキーが2回出て213点。

・2G目:スプリットスタート(泣)。その後ダブルが2回出たものの
スプリット&イージーミスが1回出て181点とマイナス。

・3G目:ダブルスタート。このゲームはノーミスで222点。
前半は何とかプラスの616点で終了。

・4G目:移ったボックスのアプローチが重くて腰を痛めそう‥
何とかノーミスゲームで205点。

・5G目:スプリット3回で172点。他の人もスプリットだらけ。

・6G目:最後の10フレで痛恨のイージーミス。スプリットも
2回出て188点とマイナスで終了。

最終結果:合計1181点(アベレージ196.8点)で17位。
たけやんさんとの勝負は3勝3敗の引き分け。
今回のオープンは10個(内イージーミスは2個)。

………………………………………………………

*吉祥院クラブの月例会結果(4月~)
・ゲーム数:114G
・アベレージ:205.4点
・ハイゲーム:300点
・イージーミスの回数(1G当り):0.46回

*年間結果(京都での月例会や対外試合などすべて)
・合計ゲーム数:186G
・アベレージ:204.3点
・ハイゲーム:300点
スポンサーサイト
Comment:0
2011
09.29

思い出の扉:「長電話(2003.5.31UP)」

Category: 思い出日記
今回は昔ならではの話です。
今のように携帯電話が無かった頃、離れ離れの二人が取った行動は、
公衆電話と寮の電話との長電話。今ではあまり考えられないことだと思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「長電話(2003.5.31UP)」
『前回「ナレソメ」の最後で、“「このままでは、二人は終わってしまう」と感じた私はある行動に出た。”と書いたが、そんな大それた行動ではなくてごく普通のカップルがするであろう行動をとっただけである。それでは続きを思い出して書くことにする。

⇒彼女の電話から何か気まずい雰囲気を感じた私は、「何か勘違いしているようなので、今度の日曜日に会いに行くよ。」と言ってテスト前にもかかわらず会う約束をして電話を切った。当日、早く起きて彼女の住む西八王子まで2時間以上かけて電車で会いに行った。西八王子駅に「西八王子ロンロン」があった(吉祥寺駅のロンロンに対抗していたのであろう)。ここにある喫茶店で彼女の本音を聞いた。やっぱり彼女は勘違いをしていたようだった。危ない危ない。ちょっとした心のスレ違いが人生にとって大きな意味を持つことがある。この時の出来事は今思うとそんな重要な時だったのかもしれない。そんなこんなで何とかヨリを取り戻した二人はこれまで以上に理解しあえるようになった。
ところでタイトルの「長電話」は二人が離れ離れになったこの1年間の二人を象徴している言葉である。どうしても勉強やテストがあるので毎週のようには会うことができず、かといっていつも一緒にいたい気持ちに変わりは無い。そこで仕方なく電話を毎日かけるようにした(その頃はまだ携帯電話が無かったので)。大体、夜の8時くらいになると彼女から寮に電話がかかってくる。そうすると寮内放送が流れ、「○○号室の××さん、お電話です」と呼び出しがかかる。それから短くて30分。1時間は当たり前。2時間以上の時もあった。なので30分くらいずつ右耳と左耳とで受話器を当てるのを交代していた。今思うと寮内にある2つの電話のうち、必ず一つが占領されてしまい、迷惑千万だったに違いない(申し訳ない)。
その後、長電話をする私の姿は寮内でも有名になり、卒業文集の中で「よく電話がかかってくる奴」&「よく電話をしていた奴」の両方ともダントツの1位だった。よく人に言われた。
「1時間も何を話しているんだ」。当時は何を話していたのだろうか。たぶん他愛も無い話だったに違いない。でも当時は彼女の声が聞けるだけでうれしかった。
あそうそう、こんな思い出もある。ある時、電話の途中で彼女が「ちょっと一旦電話切ってもいい?」と言うので、「どうしたの?」って聞いたら、「今、電話ボックスの外に怖いおじさんが待ってるの」。これに似た場面は何度もあった。彼女は決して自宅からは電話をしてこなかった。必ず電話ボックスからである。当時はテレホンカードも普及しておらず、いつも10円玉を何十枚と持ち歩いていたらしい。今は携帯電話があって便利だなぁとつくづく思う。この「長電話」があったせいで何とか離れ離れの1年間を乗り切ることが出来たのである。その後、会社に復帰し、2年後めでたく結婚することとなる。結局、この1年間の電話代はいくらかかったのだろうか‥』

《追伸》
結婚する理由の一つが、「電話代が高くつくので‥」(笑)
今は毎日会社から帰ってきてからうちの奥さんと携帯で電話してます。
やっぱり1日に1回は声を聞いて元気なことをお互い確認したいですから(^^)
Comment:2
2011
09.28

思い出の扉:「なれそめ(2003.5.24UP)」

Category: 思い出日記
今年は結婚30周年。アッと言うまでしたね。
今日は、うちの奥さんとの出会いから結婚、そして新婚旅行までの約3年間を、8年前に綴った記事をアップしていこうかと思います。
まず最初は「なれそめ」から(^^)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「なれそめ(2003.5.24UP)」
『早いものであと1週間すると結婚22周年を迎える(今の妻とは昭和56年6月1日に結婚)。
妻と出会ってから3年間の付き合いの末、周りの人達に心配されながらの結婚であった。何故なら結婚した時は私が23歳、妻が21歳と当時では若かったからである。
また、以前どこかで書いたかもしれないが、私と妻は社内結婚である。それも卓球部同士のピンポン繋がりなのである。それでは、今回は「妻と出会ってからひと時の別れ」までの約10ヶ月間の思い出を書くことにする《ちょっと恥ずかしい気もしないでもないが‥》。

彼女が高校を卒業して私が勤めていた会社に入ってきたのが昭和53年4月1日。私から遅れること2年後であった。私はその頃卓球部の中でも練習量に関しては上位3名の中に入るくらい毎日のように練習をしていた。6月のとある日、いつものように昼休みに卓球場に練習をしに行くと、なんと新人の女の子が3人見学に来ていた。もうお分かりかと思う。そう、この中の一人が私の妻である。最初は彼女のことはそんなに気にしていなかった。普通に卓球部の新人さんとして接していた。そんなこんなで月日は流れた。9月のある日に、私の同期会があり、同期入社の人と飲みに行った。そしてここである事実を知ることになる。飲み会も終わりになりかけた頃、同期のある女性から意外な言葉を聞いた。

「卓球部の○○さんがあなたのことを好きみたいよ。」

「えっ!何でそんなこと知っているの?」

「彼女が職場の女友達に話していたみたいだよ」

私は彼女のことをその時点では好きという感情は持っていなかったので、それを聞いて驚いた。その時から彼女の存在を意識するようになる。
そして9月27日の私の誕生日に、彼女と彼女の友達の二人が私の職場を突然訪ねてきた。「何かなぁ」と思っていたら、机に座っていた私に誕生プレゼントを渡したのである(なんと大胆な行動だろうか。もらう方もちょっと恥ずかしかった‥)。でもその時はうれしくてお礼を言って受け取った。
それから数日経ったある日、職場に彼女から電話がかかってきた。

「○○ですけど、今日の退勤後にちょっとでいいので卓球を教えてくれませんか?」

「ああ、いいよ。それじゃあ、6時頃に卓球場に来て!」

この日は残業も無かったので卓球を教えてあげることにした。2時間くらい練習をして一緒に帰ることとなった。普通ならこれで終わりなのだが、彼女のことをもっと知りたいと思っていた私は、

「今日、時間ある? ちょっと喫茶店によって行かない?」

「私は大丈夫ですけど‥」

ということで、帰る途中にあった喫茶店に立ち寄った。そこで彼女のことを色々と知ることになる。ぶっちゃけ、案外明るくて素直な女の子であった。
その日を境に彼女とは付き合うようになった。彼女の自宅が西八王子にあったので八王子駅から合流して一緒に会社へも行った(私は混むのが嫌いでいつの先頭車両に乗っていた)。休みになるとデートを重ねていった。毎週のようにロードショーを見たり、新宿で買い物をしたり、湘南の海にも行った。そんないい雰囲気のまま月日が流れた。
しかし、こんな二人に離れ離れになる時が来た。実は私が会社の専門学校の選考試験に合格し、次の年の1月から1年間の予定で横浜の戸塚へ行くことになったのである。もちろん寮生活なので八王子の寮から引越しである。これまでは毎日会うことができ、楽しい日々を送っていたのに‥ 
結局、1月になって私一人で戸塚に移っていった。専門学校なので、中間テストや期末テストもある。そしてその成績は会社の上司に逐一報告されるのである。ここで頑張れば出世も可能?である。ということで、毎日が勉強との戦いとなっていった。
そんな2月のある日、彼女にいつものように電話をかけた。するとなんか対応がおかしい。落ち込んでいる様子。こちらの話にもうわの空って感じ(あとでわかったのだが、この時彼女は別れの手紙を書いていたらしい)。私は勉強が忙しくて会うことも間々ならず、毎日の宿題で疲れはて、電話も冷たい感じで話していたのであろう。彼女は私に嫌われたと勝手に思ったらしい。「このままでは、二人の関係は終わってしまう」と感じた私はある行動に出た。この続きは次回の「長電話」で‥』

《追伸》
今思い出すと、ホント人生と言うものは不思議なものだと思う。
実は会社の専門学校は前年度に初めて挑戦して落っこちていたのです。
もし前年度に受かっていればうちの奥さんと出会うのが遅くなり、
果たして結婚していたかどうかわからないのです。
まぁ~結果的には落っこちて良かったのかなぁ(^^;

Comment:0
2011
09.27

誕生日

Category: 家族
今日は私の54回目の誕生日
今は仕事が忙しいので今日もたぶん残業。
そしていつものように1日が過ぎていくんでしょうね。
単身赴任中は家族にも祝ってもらえないのでチト寂しい‥

また来年の誕生日まで元気で過ごせるといいなぁ~(^^)
Comment:6
2011
09.26

思い出の扉:「自分釣り(2003.12.21UP)」

Category: 思い出日記
釣りをやる人でないと経験できない「自分釣り」。
すなわち、魚じゃなくて自分を釣っちゃうこと(笑)
実は私は3回ほど経験があります(何やってんだか‥)。
ただ私の場合は、釣りの準備をしている時に多いですね。
そのうち3回目の「自分釣り」時の思い出を書いた記事をUPします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「自分釣り(2003.12.21UP)」
『これまで15年以上釣りをやってきて、なんと自分を釣ったことがある。ここで「自分釣り」とは、釣り針(フック)が自分の体に刺さったことと定義する(なお、釣りをしている時以外に刺さったことも含む)。
自分を釣った時の痛みは実際に経験した人でないとわからないと思う(泣)

実は、昨日(12/20)、3度目の「自分釣り」をやってしまったのである(>_<)
その場面をここで再現したいと思う。

12月20日の夕方、ボウリングの大会から帰ってきてから、近くの「フィッシャーマン」に、次の日の釣りで使うためのスプーンやシャッドやミノーなどを一杯買い込んできた。そのあとは、夕飯を食べたり、TVを見たり、釣りの準備をしたりした。
そうこうしているうちに、夜の12時近くになったので、次の日の朝も早いので寝ることにした。
いつものように歯を磨いた後にそのまま寝ればよかったのに、どうしたわけか「明日の朝の6時頃ってまだ暗いよな。そうだ、すぐに釣りができるようにロッドにラインを通して、ルアーを結んでおこう!」なんて思って、すぐに廊下で準備を始めた。すると、、取りつけたルアー(シャッド)のフックに返しがあることに気がついた。そこで、早速それを潰すことにした。そして二つ目のフックを潰そうとした時に、偶然にもリヤフックが服に刺さってしまった。それを取ろうとペンチで引っ張っていると何とか取れたのだが、思いっきり引っ張った弾みでまだ返しを取っていないフックが左手の小指に“ブスリ!” 
「アッ!」と思った時には、既に遅く、5mm以上食い込んでいた(バカだね)。もちろん返しも肉の中(>_<)
小さめのフックだったので自分で取ろうとしたのだがやっぱり無理。仕方が無いので、すぐに救急病院に電話して行くことにした。すると「いま、急患が二人来るので1時間くらい待ってもらうことになります」とのことだった。もちろん、私は時間を争うほどでもないのでゆっくり行くことにした。しかし、まだ左手の小指には刺さったままのルアーがぶら下がっている。このまま自分で運転をすればさらに指の奥深く入っていく可能性がある。
そこで、考えついたのが、「娘(長女)に運転してもらおう」。長女はこの夏に免許を取ったところだった。お願いすると「免許を取って一度も運転していないけど、たぶん大丈夫!」と運転する気満々。でもやっぱり不安。でも今はそんなことを心配していてもしょうがないのでお願いした。そして、なんとか、無事病院に着いた。
着くと、既に急患が来ていて診てもらっていた。その若い女性は右手が包帯で隠されていた。火傷のようである。私が受付をしようとしていると、2人目の急患が来た。その女性は右足を痛めていたようである。すぐに車椅子に乗せられてレントゲン室に消えた。もちろん、私はこの二人の治療が終わるまで待合室で待つことに。
結局、AM1時過ぎになってようやく診てもらった。担当医は「海の近くの病院にいた時は、1日に5人くらい釣り針を取ってたよ」といって、診察を開始した。すると、「夜なのに魚を釣っていたの?」って聞くので、「明日の釣り大会のために準備をしていたんです」って応えたら笑っていた。まずはレントゲンを撮ってどの程度フックが刺さっているかを確認。一応、骨には達していないということですぐに麻酔無しでプチ手術。最初は返しがあるにもかかわらず引っこ抜こうとした。メッチャ痛いので止めてもらった。すると「やっぱり無理だね」って言いながら、こんなことを聞いてきた。「刺さっているこのルアーのフックを1本切り取ってもいい?」。このルアーのリヤには3本のフックがついていたのである。切るということはもうこのルアーは使えなくなるかもしれないが、早く抜いてほしいので、「いいです」と応えた。そして、刺さっているフックのみを大元からペンチで切って、そのまま指の肉を突き破って先から出してもらった。これまでのフック外しの中で一番痛かった(>_<)
それからマキロン?で消毒をした後、包帯を巻いて、痛み止めと化膿止めをくれた。そしたら、「今日の朝の11時にもう一度病院に来て診察を受けてください」と言われてしまった(T.T)
今日は、久しぶりに常連の皆さんとお会いできるのを楽しみにしていただけにガックリきた。そういえば、先月のドナルドソン釣行時には腰を痛めてしまい、先週の息子との「宮城AV」釣行は家庭の事情で急遽中止になってしまうなど、私には管釣りへ行くことがなかなかできないf(^_^)
来年早々にまたドナルドソン釣行が予定されているのだが、今度は行けるのだろうか(o^_^o)』

《追伸》
フックが自分に刺さった1回目と2回目のことを簡単に書いておきます。
・1回目:魚が釣れたのでフックを外そうとしていると突然暴れだし、サビキの1つのフックが右腕に刺さってしまった。
・2回目:釣りに行く準備をしていた時にフックを床に落としたらしく、歩いていて足に刺さってしまった。
共にフックの返しを潰していなかった為、病院にてプチ手術。気をつけないと‥

Comment:0
2011
09.25

思い出の扉:「海釣り(2003.11.19UP)」

Category: 思い出日記
私の趣味の一つに釣りがあります。
田舎で育った小学校の頃は、池でのフナ釣り。中学校以降は海釣り。
そして、長男が中学校の時に始めたバス釣りの影響でその後はバス釣り。
最近では管釣りでのトラウト(虹鱒)釣りがメインとなっています。
最近では旅行中に海釣りもたまにやるようになって来ました。
今回はそんな海釣りの思い出をHPにアップしていた記事を載せます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「海釣り(2003.11.19UP)」
『確か海釣りに初めて行ったのは中学の2年生の頃だったと思う。
それまでは家の近くにある野池でフナやコイを釣って遊んでいた。
ある時、中学の友達が「海釣りに行かないか」と声をかけてくれ、二人で自転車をこいで瀬戸内海まで行った記憶がある。途中の「オリンピック」で餌を買ったっけなぁ。
よく行ったのは、「多度津港」。ここの岸壁に沿って餌を落とすと、メバルやアイナメが良く釣れた。

高校になってからは、兄貴に坂出の海まで車で乗っけてもらって行くようになった。
ほとんどが陸っぱりで、岸壁や砂浜から投げ釣りをやっていた。この時期の思い出の1匹は、30cmくらいのカレイ。最初はビニール袋のようなものがゆっくり上がってきたのでガッカリしていたらそれがカレイだったf(^_^)

会社に入ってからは忙しくて釣りに行っていなかったが、ある日突然、何故か急に海釣りに行きたくなってタックルを買い漁った。その頃はもう結婚していたので、うちの奥さんを連れて江ノ島や三浦半島などへよく行った。
関東に来てから初めて釣ったのは、ベラ。その他、カレイやキスやアイナメなどを釣っていた。
しかし、ある年の冬、メチャ寒くて風が強い日に久里浜の砂浜で1日中釣りをした。その日を境にしてうちの奥さんはもう釣りには行かなくなった(それ以来、一度も一緒に釣りには行ってない)。自ずと私も海釣りをやらなくなり、14年が過ぎた。

TVの影響か、またまた海釣りがしたくなって新しくタックルを揃えた。そして、小学生の息子を誘って行くようになった。それは今から4年前の5月。とりあえず防波堤釣りの本を買って、比較的行き易い「平塚港」に行くことにした。結局、その日はボウズだったのだが、釣行記?を会社の小雑誌に投稿したところ採用された(o^_^o) その内容が下記の文章。

「5月8日(土)、その日は朝から良く晴れていた。午前4時30分に昭島の我が家を出て、神奈川県平塚新港に着いたのは午前6時頃だった。今日は、11才になる息子と初めて海釣りに来たのだった。私にとっては14年ぶりの海釣りである。早速、エサとなる「アオイソメ」をハリにつけ、内湾に思いっきり投げて当たりを待った。1時間経っても2時間経っても釣れる様子が無い。かといって、違う釣り場に行くのも疲れるのでその辺で釣った。結局9時間そこにいて、釣れたのは魚ではなく「ウミウシ」のような得体の知れないもの1匹だけだった。「最初は中々釣れないもんだよ。今度は絶対釣れるよ」との言葉を残してその場を離れた。息子は面白かったといっていたが、本当はつまんなかったに違いない。車の中で日焼けした鼻を気にしながら帰途についた。今度こそ釣るぞ!!」

実は後で聞いたのだが、数日前にこの岸壁で死人が出ていたらしい。コワ~

それからは毎月のように海に通った。
6月24日には「久里浜港」へ息子と行き、久しぶりの魚をゲットした。なんと「ゴンズイ」だったf(^_^)
それに15cmのシロギス1匹。他に名前が分からない小魚多数!
8月30日には「茅ヶ崎港」へ息子と次女と3人で行った。この時から投げ釣りの他にサビキ釣りも実施。30cmのシマイサキ1匹、35cmのボラ5匹、10cmのヒイラギ多数、10cmのカワハギ1匹、10cmのカゴガキダイ多数。実はここで思い出に残るアクシデントがあったのだ。ボラが釣れたのでフックを外そうとしていると突然暴れだし、サビキの1つのフックが右腕に刺さってしまったのだった。運悪く返しが肉の中に入ってしまい、仕方なく病院を探し回って取ってもらった。痛い思い出である(>_<)
9月25日にはまたもや3人で「小田原港」へ行った。ここでも20cmのボラが5匹も釣れたがリリース。
そして私と息子がトイレに行っている間になんと娘がサバを2匹釣っていた。兎にも角にも家に持って帰って食べたのはこの2匹のサバしかない(o^_^o)
10月11日には「大磯港」。12月25日には「茅ヶ崎港」。翌平成12年2月27日に「江ノ島港」「茅ヶ崎港」へ行ってから海釣りはピタッと止まった。
何故かと言うと、その年の7月に初めて河口湖へバス釣りに行き、それ以降バス釣りの虜になるからである(o^_^o)
最近は、イカ釣りが面白そうなので海に行こうと思っているのだが中々行けないのが現状である。』

《追伸》
結局、イカ釣りには一度も行ってませんね。バス釣りもご無沙汰しています。
トラウト釣行も減る一方です。海釣りは旅行の時にしか行かないし‥
最近は釣りよりもボウリングの方に力を入れているのでちょっと休憩かなぁ(^^)

Comment:0
2011
09.24

思い出の扉:「日記(2003.3.2UP)」

Category: 思い出日記
皆さんは何か毎日続けていることがありますか?
私は18歳の時から毎日の記録をつけています。
若い頃は日記でしたけど、今は何をしたかの記録ですかね。
でも長い間続けていると、何歳の何月に何をしたかがすぐに
わかるのでたまに役立っています。死ぬまで続けるぞ(^^)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「日記(2003.3.2UP)」
『私はなぜか日記をつけている。というか、記録をつけている。それもだいぶ前からである(途中で何年か抜けてしまったので実質25年間位か)。思い起こせば今から28年前の高校2年生の夏休み、めずらしく夏休みの予定表を作成した(大学ノートに表を作っただけのシンプルなもの)。その中に「近くの池の土手を2周すること」があった。体力作りの為にジョギングを始めたのである。夕方になると、家から1kmくらい離れた池まで走って行き、周囲500m位の小さな池の土手を2周するのである。走るとその日のジョギング欄に○をつけ、その日の出来事も記録した。これを夏休み中続けた。これが「日記(記録)」の始まりである。最初は1日1行であったが、会社に入った頃にはなんと1日1ページになっていた。その後、今の妻と知り合ってからは交換日記になり、最近では5年日記となっている。たまに昔の日記を読み直して、「ああ、あの頃はこんなことをしていたんだ」とか、「あそうそう、あいつが結婚した時におれはスピーチをしに名古屋まで行ったんだっけ」とか懐かしくなってついつい時間を忘れてしまうことがある。これからも1日1行でもいいので日記(記録)をつけていきたいと思う。でも日記を読みながらニコニコしている自分は、もうオヤジになったということか‥』

《追伸》
いまではヤフーのカレンダーに予定や実績を残すようにしています。
これでその日に何をしたかがすぐにわかるので便利です。
そういや、うちの奥さんとの交換日記は見られると恥ずかしいので、
いつかは処分した方がいいのかなぁ(^^;

Comment:0
2011
09.23

思い出の扉:「火事(2003.5.14UP)」

Category: 思い出日記
火事は多くのものを無くしてしまうので悲惨です。財産も思い出も人の命も‥
統計によると、火事の原因の1位が放火ってのがいやですね。
みんなで住みよい国を作りたいものです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「火事(2003.5.14UP)」
『昔から怖いものの表現として「地震、雷、火事、おやじ」と言われてきた(最近は、おやじではなくて交通事故だとか)。この3番目にある「火事」に関する私の思い出を書こう。あれは小学校の3年生の頃(もちろん田舎の実家でのこと)。いつものように学校から帰ってきて、隣の友だちのうちでテレビを見ていた。すると、すぐ裏にあるお寺の鐘が突然鳴り出した(もちろん、自動ではないので誰かが突いているのだが)。どうしたのかと思い、外に飛び出してみてビックリ。友達のすぐ隣の家が燃えているのである。すぐに非難した。燃えている家の斜め前が実家であったため、燃え移らないようにと祈っていた記憶がある。結局、この家だけ燃えたのだが、原因として“放火”が疑われた。私にも聞き込み調査が来たが「友達とテレビを見ていた」と言うアリバイがあったので問題なかった。でも火事ってこわい!まだ火事の思い出はある。あれは社会人になって独身寮に入っていた頃の話。ある朝、「パチパチ」っていう大きな音で目が覚めた。4Fの窓から外を見ると50mくらい離れた家が燃えていた。火事の時の音って一度聞くと忘れられない。そういえば、この寮の前の家も2Fが火事で燃えたなぁ。またこんな思い出がある。何人かの人は知っているかと思うが、「ホテル ニュージャパン」が火事で燃えて多くの人が犠牲になった。実はその中に私の妻の友人のお父さんがいたのだ。その人は医者でその方面では権威者だったらしい。ほんとに火事は悪魔である。人命や遺産などを燃えつくしてしまう。またちょっとした不注意が原因で火事になる場合もある。今は自分で自分の身を守る必要がある時代なのかもしれない。』

《追伸》
今年は、津波や台風による災害が多かった年のような気がします。
来年は災害の少ない年になることを祈るばかりです。

Comment:0
2011
09.22

思い出の扉:「卓球(2003.4.6UP)」

Category: 思い出日記
私はここ何年も卓球のラケットを握っていませんが、若い頃は毎日のように
練習をやってました。釣りもボウリングもそうですけど、好きなことは
ついつい時間を忘れてやっちゃうんですよね。
ということで、今回は趣味の一つでもあった卓球の思い出をアップします(^^)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「卓球(2003.4.6)UP)」
『会社に入ってから何故か卓球部に入部した。小学校時代には遊びで野球をやっていた。中学校時代は3ヶ月くらいバスケ部に入っていた。高校時代は帰宅部だった。はっきり言って部活経験はほとんどないのである。それがどうしたわけか社会人になって卓球部に入ったのである。なぜ社会人になって卓球部に入ったか。それは謎である。しいてあげれば、「何かスポーツをしないといけないなぁ」と思っていたのと、偶然誘われて参加した練習日に女性が来ていたことくらいか(;^_^A まあ、入部理由はともかく、どうせやるからにはうまくなりたいと思い、練習はとことんやった。新人と言うこともあって、時間は一杯あった。朝は早く来てランニングとサーブ練習、昼は10分で食事をして昼休みは勝ち抜きの試合、退勤後は部活練習(週2回)。結局1年目は100日以上練習をしていた(この時の世話人が数学系の大学出身者でその年のデータをまとめて総会で紹介していたので確かである)。しかし、更に上を行く人物がいた。それはキャプテンである。また入部した頃は初心者だったのでラケットを持ったことがなかった。その後、キャプテンから渡された初めてのラケットが表ソフト(表面がイボイボのやつ)。なぜこのラケットになったかと言うと、当時の卓球部にはこのタイプの部員がいなかったので練習相手がほしかったとのこと。そんなことは知らず、今日まで表ソフトのラケット使ってきた。また当時は、練習した後は必ず水分の補給に飲み屋に寄っていた。今は潰れたが「田舎」という飲み屋には、私とキャプテンと世話人の3人で良く行ったものだ(ほとんど2人のおごりだったような気がする)。このように練習は一杯していたが、対外試合では中々勝てず、悔しい思いを続けていた。確か初勝利は、秋に参加した市民大会だったと思う。あれからもう27年が過ぎた。今は茨城に転属となり平日にラケットを握ることはほとんどなくなったが、卓球部のOBとして行事への参加や試合への参加はたまにしている。私の会社生活は、卓球部と共に歩んできたと言っても過言ではない。

《追伸》
実を言うと、うちの奥さんとの出会いもこの卓球部関係なんです。
これに関しては、後日、「なれそめ(2003.5.24UP)」をブログに
アップします。

Comment:0
2011
09.21

思い出の扉:「けん玉(2003.3.9UP)」

Category: 思い出日記
ここ数年間はけん玉を握ることは少なくなりましたが、30歳半ば頃は
毎日のように練習してました。はまるとついのめり込んでしまう性格なのか
あの時期はうまくなりたいと頑張っていました。今でも少し練習をすると
5段技もできたりもします。やっぱり体が覚えているんでしょうね(^^)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「けん玉(2003.3.9UP)」
『「けん玉」と聞いて皆さんは何を思い浮かべるだろうか?
“田舎で子供の頃にやった”とか“小学校の正月遊びでやった”とか幼い頃にやった思い出がある人が多いかと思う。
なんと私は大人になってからこの「けん玉」に初めて出会い、一時期のめりこんでしまったのである。
思い起こせば今から約10年前、ある日、新人のA君が研修から戻ってくるといきなり「けん玉」をやり始めた。聞くところによると、「研修先にけん玉の名人がいてその人に教えてもらった」とのこと。そのけん玉名人は若いのに当時日本けん玉協会の理事をやっており、実力もあり日本一になったこともある有名人(TVにも出てた)。そんなこんなで昼休みや定時後になると、仕事部屋のいたるところで「カチカチ」とけん玉のやる音が聞こえてきた(当時は会社も余裕があったのか。今やると周りからヒンシュクをかいそう‥)。最初は見ているだけで、「何やってるんだろう。みんな好きだなぁ」と思っていたが、ある日ひょんなことからちょっとやってみると案外難しいワザが出来ちゃったりして。その日から毎日1時間以上の練習が始まった。夏はクーラーもせずに汗をかきながらやった記憶がある。その後、会社のメンバー数人でけん玉同好会を作り、毎月練習会や記録会もやった。そして日本けん玉協会の支部としても登録し、ある時は会社の行事でけん玉のワザを披露したり、ある時は自治会の秋祭りにメンバーを派遣したりして楽しい日々を送った。個人では同好会の世話人をやったり、競技会に参加したりして‥。最終的には、日本けん玉協会認定の3段をとり、そこで燃え尽きた。子供にもけん玉を教えて長女は小学校4年の時に1級までいったけどやっぱりそこまで。結局私がけん玉にのめりこんだのは3年間くらいか。徐々にやらなくなって今ではマイけん玉も机の中で眠っている。時たま、飲み会の席などでワザの披露なんかをやると、やっぱり練習不足でミスばっかり‥「またやりたいなぁ」と思って練習するもせいぜい次の日まで。そういえばもう何ヶ月もけん玉を触っていないなぁ。今度けん玉を触るのはいつの日だろうか‥』

《追伸》
この記事をUPしていて、またけん玉をやりたくなっちゃいました。
今度の休みにでも久しぶりに練習しようっと(^^)
なお、現在は諸事情により日本けん玉協会をやめてますf(^_^)

Comment:0
2011
09.20

思い出の扉:「血液型(2003.3.21UP)」

Category: 思い出日記
実は私の家系は血液型が偏っています。
日本では一番少ないといわれているAB型が多いのです。
ということで、HPを始めた頃にネタとしてUPしたのでした(^^)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「血液型(2003.3.21UP)」
『血液型全体の中で1割しかいないと言われているAB型。このように統計的にもAB型の人間は少ないことになっている。が、しかし‥。何故か私の周りにはAB型人間が多い。かく言う私も純粋なAB型人間である(小学校の時に耳たぶにメスを入れて調べられた記憶がある)。前の職場においてはAB型人間の割合が高くなんと3割を超えていた。そしてその中に、AB型のRH-の人が2人もいたのである。これは統計的に見ても変? それ以外に私の身内にもAB型は一杯いる。例を挙げてみると、①息子(長男)、②娘(長女)、③娘(次女)、④姉、⑤長兄、⑥次兄。そうなのである。私の子供3人すべてがAB型。私の兄弟4人すべてがAB型。これってすごい? ある時「これは何か法則があるんじゃないか」と思い、ちょっと考えてみた。そして出てきた結論は、「AB型の夫とA型の妻の間には、AB型の子供の生まれる確率が高い」。この法則に当てはまる家庭は案外あるのでは‥』

《追伸》
長男の1人目の子供(私から見て孫)もAB型でした。しかし、今年産まれた2人目の孫はついにAB型ではなくてA型でした。その後、A型であるうちの奥さんと長男の奥さんは仲間ができたと喜んだのは言うまでもありません(^^)

Comment:0
2011
09.19

思い出の扉:「ゲーム(2003.3.29UP)」

Category: 思い出日記
実は2003年に開設したHP「釣りボウの部屋」が6ヶ月更新していなかった為にうまく表示できないことがあります。そこで、この中から私の人生の記録でもある「思い出の扉」だけは残しておきたいのでこのブログに移すことにしました。以前見た人もいるかと思いますが、今日から少しずつUPしていきますのでご了承下さい。それと、基本的には当時UPしたままを載せるつもりですので内容がちょっと古い物もあると思います‥

最初は8年以上前にHPにUPした「ゲーム」にしました。実は先週の9/15(木)に「ドラゴンクエスト誕生25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ・Ⅲ」がWiiで発売されました。私のゲームの原点でもあるドラゴンクエストが何故か懐かしくて、あのレベルアップの時に流れる音楽を聞きたくてつい買っちゃったんです。でも今は仕事が忙しいのであまりできないけど‥ 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

*「ゲーム(2003.3.29UP)」
『何故、今の時期に「ゲーム」なのか。実は3月13日に発売になった「ファイナルファンタジー X-2」を買って多分この時期にはそれをやっているだろうという予想をしていたからである(事実買ったけども時間が無くてあまりやっていない)。
ゲームと知り合ったのは今から15年以上も前。会社から大阪の大学に国内留学していた時、そこの研究室で学生がやっていたのを見て面白そうと思った時からである。確か「ザナドゥー」というPCゲームだったと思う。その頃、巷では「ファミリーコンピューター」なるものが出てきており私もつい「ドラゴンクエスト2」というゲームソフトを買ったのが運命の始まり。それがまた面白くてのめり込んでしまった。「RPG」というジャンルがあることを初めて知り、感動したものである。それからは色んなゲームを買った。RPGはもちろん、対戦ゲーム、アクション、レーシング、シュミレーション、パズルなどほとんど売れたゲームは買った。ゲーム機は「スーパーファミコン」、「プレイステーション」「プレイステーション2」と変遷してきた(途中で「スーパースコープ」なんていうのも買ったかな)。ここで、これまでに買ったゲームソフトを思い出して見よう。
「スーパーマリオ1,2,3」「ドラゴンクエスト1,2,3,4,5,6,7」「ファイナルファンタジー1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,12」「ロマンシングサガ1,2,3」「トバル1,2,3」「鉄拳1,2,3」「ソウルエッジ1,2」「リッジレーザー」「オホーツク殺人事件」「ワルキューレの冒険」「がんばれ五右衛門道中」「パワフルプロ野球97」「女神転生1,2」「イース」「アークザラッド」「デッドアライブ2」「デビルメイクライ」「鬼武者1,2」、その他にまだまだ買ったけど忘れてしまった。
もちろん、「ゲットバスバトル」「釣道 海釣り編」「レイクマスターズ」「フィッシュアイズ1,2」などの釣りゲーもやった。
私の影響で息子もゲーマー?となっており、週末になるとゲームをやっている。例えば「K1 2002」「サイレントスコープ」「FIFA2002」「WINBACK」「DRIVER」「NBAストリート」「最速!族車キング」「メダルオブオナー」「剣豪」「熱中!プロ野球2002」等。
たまに息子から対戦をせがまれることがあるがほとんど断っている。何故かと言うと、そのゲームのほとんどがアクション系だからである。これをやった日には、2~3日腕が痛くなってボウリングや釣りに影響するのである(でもたまに釣りゲーなんかは一緒にやったりはするが)。
最近ではやりたいゲームが少なくなってきた、というより他にやりたいことが多くなってきた。今回の「FF X-2」も約2年ぶりに購入したゲームである。これからもゲームソフトを買う頻度は確実に減っていくと思う。でもほんとにやりたいゲームは買うつもり。何故なら私は、「隠れゲーマー」?だからである‥』

《追伸》
そういや、「FF ⅩⅢ」をやる為にPS3を買ったっけ(笑) 今はネットでMMORPG「LegendofChusen2-新世界-」をたまにやってます。年をとってもゲーム好きは変わらないみたい(^^)

Comment:0
2011
09.11

愛知遠征2日目

Category: ボウリング
当初の予定では、朝ゆっくり起きてお昼前に寮に着くつもりでしたが、
前日にグランパさんから知多半島の先端にある「日間賀島」への
観光のお誘いがありました。何でも10月に開催するオフ会の下見
だとか。空さんと一緒なら行きましょうって事になり急遽決まりました。

朝の8時過ぎにグランパさん宅へお迎えに行き、空さんとは8時40分に
体育館の駐車場で待ち合わせをしました。ここで私の車に3人が乗り込み
一路、「日間賀島」へ渡る高速船がある師崎港へ。10時前に到着。
この日はお天気も良く暑かったです。それに風がちょっと強く波も高い。
船が苦手な私は少し不安になりましたが、高速船と言うことのあり
また乗船時間が15分くらいでまったく問題ありませんでした。ホッ!
20110911-1.jpg この船に乗って行きました

20110911-2.jpg 日間賀島が遠くに見えます

20110911-3.jpg 岸壁には釣り人が一杯

何でもこの島はタコが有名らしくて、東港で降りた所にモニュメントが‥
20110911-4.jpg 3人で記念写真

予定よりも早く着きすぎたので、目的地である西港まで海岸沿いを
歩いて行きました。海風が心地よくて普段の忙しさから開放されました。
着くとグランパさんはオフ会の情報収集のために別行動に。
そして11時に集合してちょっと早めの昼食タイム。近くにあった
「Sun海楽」という店で3人ともお刺身定食を頂きました。
それと、この島の名物?らしい「茹でタコ」を注文。
丸ごと1匹をハサミで小さく切って食べます。案外ボリュームたっぷり。
20110911-5.jpg 時価(2800円)でした

美味しく頂いた後は暫し港でマッタリタイム。釣りを見たり風に当たったり‥
そして午後1時頃の船で師崎港まで帰ってきました。
その後、「豊浜のさかな広場」に寄ってお土産にえびせんべいを購入。
結局、京都の寮に戻ってきたのが午後5時前。
今回の愛知遠征は日程的(体力的)にちょっとハードでしたけど
一杯思い出ができて決行して良かったと思います。
お忙しい中、私の相手をしてくれたグランパさん、空さん、
そしてルパンさん。どうもありがとうございました!
また来年も愛知へ遊びに行きたいと思っていますので、その時も
よろしくお願いしま~す♪




Comment:6
2011
09.10

2年ぶりの愛知遠征

Category: ボウリング
私は2年前の8月に東京から京都へ単身赴任して来ました。
これまでボウリングの愛知遠征と言うことで4回ほど愛知に
投げに行ってます。前回は京都に移ってきた年の11月。
この時は釣り仲間(麦藁隊)のメンバーであるグランパさんと
空さんと詐欺師さんが来てくれました。
あれから毎年愛知遠征をしようと思っていたのですが、
昨年は諸事情により企画できず。今年こそはと思って
企画したのですが、詐欺師さんの都合が付かず‥
でも今年やらないと間が空いてしまうので、詐欺師さんには
申し訳なかったのですが、今回決行しちゃいました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
朝の8時30分頃に京都の寮を車で出発。高速道路も
空いていて、待ち合わせ時間の11時前には刈谷駅に
到着。駐車場に車を置いた後、グランパさんと空さんと
合流。お二人ともお元気そうで安心しました(^^)
その後、ちょっと早めの昼食を駅ビルにある「嘉文(かもん)
でとりました。私と空さんは車の運転があるので食べる
だけでしたが、グランパさんは運転しないので生中を
結局4杯も飲んでボウリングでは汗だくになってました。
そのボウリングはいつもの「高浜ファミリーボウル」で
行いました。投げる準備をしているとルパンさん登場。
ルパンさんとは初対面だったのですが、何だか
昔からの友人のような感じでメチャ楽しい人でした。
さてボウリングの方は結局6G投げて、私は
アベレージ210点でハイゲーム257点でした。
久しぶりのボウリング場でプラスできてうれしいです。
(1G目目でグランパさんに負けちゃいました。ガクッ!)
また近いうちに愛知遠征を企画しなくっちゃ(^^)
 終わってから記念撮影

それから一旦今日泊まる「ABホテル 三河安城南館」に
車を置いて、空さんの車でルパンさんが待っている
知立の居酒屋「樹園」へ移動。ここは釣り仲間の
ナベ僧さんも来たことのある飲み屋さんのようです。
ルパンさんと話をしていると、何と私と同じ年齢で
食事の好みも同じことが判明。身近になれた気が‥
ここで飲んで食べておしゃべりしてグランパさんと
ルパンさんの歌を聴いたりして過ごしました。
その後、空さんとはお別れ。しばらくしてから
2次会のために、近くのスナックへ歩いて移動。
ここでもカラオケ好きのお二人さんはもちろん
歌ってましたね。私はカラオケが苦手なので
聞き役に徹してました(笑)
歌い疲れた(飲み疲れた?)ので3人で早めの
帰宅。12時前にはホテルに着いてました。

今回の夜の部はお二人のお陰で本当に楽しい
ひとときを過ごすことができました。感謝です。
そしてご馳走してくれてありがとうございました!
またご一緒したいですね。その時はよろしく~

 ⇒2日目に続く


Comment:0
2011
09.09

クラブの月例会結果(9/9)

Category: ボウリング
☆クラブ月例会(9/9)
同じボックスは、H川さんとM谷さんと女性のK池さん。

・1G目:ちょっと遅めのレーン。ダブルと10フレパンチアウトで216点。

・2G目:1フレから7連続ストライクでもしかして3回目のパーフェクトか‥
しかし7フレと10フレがスペアで265点。残念!

・3G目:段々とレーンが荒れてきて特に右側で入りすぎる。
2回スプリットのオープンが出てストライクも続かず174点とマイナス(泣)
前半3Gは655点とプラスで乗り切った。

・4G目:移ったBoxは早めのレンコン。1フレと2フレとオープン。
そこで思い切って4~5枚外からストレート気味に投げることに。
いい感じでポケットに入っていく。フォースが出て215点。

・5G目:前半はターキーも出てこのまま200UPを狙ったが、後半に
なると右側のレーンが入りすぎて2回スプリットが出て190点。ガクッ!

・6G目:段々とポケットに入らなくなりミスも出て167点とロースコア。
後半3Gは572点とマイナスで終了。後半スコアを落としたのが反省点!

最終結果:合計1227点(アベレージ216点)で14位。
3週連続で飛び賞のひとつ前の成績。次回は入賞目指すぞ~
たけやんさんとの勝負は3勝3敗の引き分け。
今回のオープンは9個(内イージーミスは3個)。

………………………………………………………

*吉祥院クラブの月例会結果(4月~)
・ゲーム数:108G
・アベレージ:205.9点
・ハイゲーム:300点
・イージーミスの回数(1G当り):0.48回

*年間結果(京都での月例会や対外試合などすべて)
・合計ゲーム数:280G
・アベレージ:204.5点
・ハイゲーム:300点
Comment:0
2011
09.03

台風12号

Category: ニュース
いま、NHKのニュースで台風12号のことを放送していました。
PM3時過ぎの台風の中心位置が何と私が産まれた香川県
善通寺市にあるらしい。
移動速度がメチャ遅いので心配であります。

京都の寮付近では朝から風は強いものの雨は降っていません。
雨雲の動きを見て見ると何故か寮付近には雨雲が移動してこなくて
避けていくように移動しています。不思議ですが‥
これから中心がもっと近づいてくると風雨が強くなる可能性があるので
どこにも出かけないで寮で過ぎ去るのを待つことにします。

Comment:2
2011
09.02

クラブの月例会結果(9/2)

Category: ボウリング
☆クラブ月例会(9/2)
同じボックスは、H田さんとKo野さんの3人投げ。

・1G目:出足からストライクが出ない。スペアで我慢する。
スプリットメイクもあり、パンチアウトで210点とプラスのスタート!

・2G目:ストライクが続かず、スプリットのオープンもあり181点(泣)

・3G目:イージーミスが1回あったけど4thが出て215点。
前半3Gは606点と何とかプラスで終了(^^)

・4G目:移ったBoxは左右のレーンでコンディションが異なる(泣)
このゲームはスプリットメイクが1回とパンチアウトで204点。
何となく1G目と似た感じ。

・5G目:1回イージーミスをやっちゃったけどダブルが出て201点。

・6G目:最後のゲームは頑張って6thが出て245点で終了。
後半3Gは650点とまあまあの成績。良く頑張りました!

最終結果:合計1256点(アベレージ209点)で9位。
たけやんさんとの勝負は3勝3敗の引き分け。
今回のオープンは3個(内イージーミスは2個)。
スプリットメイク3回は上出来(^^)

………………………………………………………

*吉祥院クラブの月例会結果(4月~)
・ゲーム数:102G
・アベレージ:206.0点
・ハイゲーム:300点
・イージーミスの回数(1G当り):0.51回←まずは0.5回以下にしたい。

*年間結果(京都での月例会や対外試合などすべて)
・合計ゲーム数:174G
・アベレージ:204.5点
・ハイゲーム:300点
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。