--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
10.28

家族西伊豆旅行記

Category: 旅行
3月に続いて今年2回目の家族旅行を計画しました。例年ならこの時期は夫婦旅にしてたんですが、何となく今回は子供達との思い出をもっと作りたくて急遽家族旅行に変更しました。といっても、今回も長女(もうすぐ22才)は行けませんでしたが。それはさておき、今回の目的の一つはお墓参りだったんですが、それ以外にもお天気が良ければ富士山の5合目に登りたいなぁ~って思っていました。そして、宿が海から100mのところなので、時間があれば防波堤釣りも(^v^)
今回は写真が多いのでちょっと長くなってます。

*1日目
朝の6時30分頃に自宅を出発。予定よりも30分遅くなってしまいました。この30分の遅れのせいか、もう道路はメチャ混んでました。やっぱりこの時期は紅葉を見に山梨方面や長野方面に行く人が多いんですね。八王子ICから中央高速に入ったのですが、何と料金所まで数100mも車の列が延びてました。こんなのは久しぶりかも。でもこんな時にもETCはいいですね。料金所で数10台の車を追い越せました(^o^)丿 その後はノロノロ運転だったのですが、その渋滞も段々と解消され、談合坂SA付近ではもう通常のスピードで走ることができました。
河口湖ICで降りて、もしお天気が良ければ富士山の5合目まで登ろうと思ったのですが、その時は雲で覆われていましたので止めました。もし、反対側の富士山の新5合目の方が晴れていたらその時はそちらから登ろうということで‥
とりあえず、お墓参りを済ませ、富士山を見ると、
fujisan20061028-1.jpg
富士山とススキのコラボレーション

てっぺんの方に噴火したような雲があるものの、新5合目付近は晴れているようでしたので登ることにしてすぐに向かいました。途中の2合目付近の駐車場で車を止め、富士山の山頂付近をバックに記念写真を撮ります。
fujisan20061028-2.jpg
この辺の道はもう急坂です

そして、ヘアピンカーブを走りながらやっと新5合目に到着。駐車場も何とか空いていて一安心。ここに登ってくる途中で下界が見え、そして目の下に雲が見えた時には家族全員が驚きの声をあげました。そんな様子を見ながら、今日は家族を連れて来て本当に良かったと思いました。せっかくここまで登ってきたんだからと、少し上の斜面まで登って記念撮影。
fujisan20061028-3.jpg
標高2400m。観測所がすぐ近くに見えます

そして、初めて見る雲海に酔いしれました。というか、下界を見ているとなんか引き込まれる感じがしてちょっとマジで酔ってしまいました(^^ゞ
unkai20061028.jpg
雲海を見るのは飛行機に乗った時以来かも

その頃、なんとナベ僧さんからメールが来て、「いま山中湖でワカサギ釣りをしているけどあまり釣れない」とのことでした。実はこのメールをする前に山中湖で45cmのバスをゲットしていたとは流石です(^_^)v

そこに30分以上いて家族も満足したので、早めに宿に向かいました。今回泊まる場所は、西伊豆の「大瀬崎」です。ここはスキューバダイビングの名所として有名のようです。泊まった宿は、「サンライズあねっくす
oose20061028.jpg
宿から富士山を撮る。しかし雲に隠れて見えない

宿にPM3時頃に到着して、荷物を置いて海へ散歩することに。一応、夕日を見に行くのがメインですが、私と息子は海釣りがメイン?
宿から歩いて海岸に出ると、土曜日ということもあってダイバーが一杯。数えると100名以上はいます。普段着で歩く私達はなんか異様な感じでした。この時点では雲が多くて富士山や夕日は見れませんでした。
yuuhi20061028.jpg
天使の階段は見えましたけど‥

うちの奥さんと次女が夕日が沈むのを見ている間に、私と息子は防波堤で海釣りをやりました。前回の家族旅行の時もワーム釣りはやったのですが、その時はボウズでしたので、今日はワームでの初ゲットを目指します。防波堤の先の方には5~6人の釣り人が陣取ってましたが、タックルを見るとアオリイカを狙っているようでした。私達は邪魔をしないように防波堤の手前側の方で釣りを開始。波も穏やかで水も綺麗なので底まで見えます。小魚が一杯泳いでいました。とりあえず、小さめのジグヘッドにメバル用の1~2インチのワームを付けて始めました。ロッドは1本しか持ってこなかったので、釣れる度に二人で交替です。まずは息子からです。見えている魚を狙ってすぐさまゲット!ちょっと大き目のハゼのようです。あとでダイバーが教えてくれたのですが、この魚はアナハゼって言うようです。
anahaze20061028.jpg
名前にハゼが付くのにハゼ科ではないようです

私も交替してからすぐに同じような感じでアナハゼをゲット! この魚は案外ワームを飲み込むので合わせやすかったです。何度目かの私の番の時に防波堤の際ではなくてちょっと遠目の岩場付近にキャストしてほおっておいたら15cmくらいのメバルが釣れました。ちょっとうれしかったです(^o^)丿
mebaru20061028.jpg
もちろんキャッチ&リリースです

その後、結局、夕日は見ることはできず、魚も二人で6匹しか釣れず、暗くなってきたので宿に戻りました。
その日の夕食は、舟盛りコースを頼んだので、新鮮な刺身を一杯食べれて、量も多かったのでみんな満足してました。私もビールをいつもよりも多く飲み、気分よく寝ることができました。あそうそう、この宿は露天風呂もあって最高でしたよ(^_-)-☆


*2日目
(この日はデジカメの電池が切れてしまい、写真は携帯で撮ったのでちょっと見にくいかも…)

昨日の夜の天気予報では朝から雨で午後になってから曇りになるということだったので、この日はどこへ行こうか悩んでいたのですが、朝起きると曇り空。地面に雨が降った形跡があったということは、もう雨は降らない?
とりあえず、朝食をとることに。その時に、宿に人から「あの大瀬崎には伊豆の七不思議にもなっている神池があるので行ってみたら」って言われ、結局、みんなで行くことに。でも女性達はお風呂に入りたいというので私と息子はまたまた昨日の防波堤で釣りをして待つことになりました。今日は日曜日と言うこともあり、朝早くからダイバーが集まって海岸の砂浜は大賑わいです。
sensui20061029.jpg
防波堤のすぐ近くでも潜っています

釣り始めてから1時間位した頃、女性達がやってきたので釣りは終了。この日は波もあって釣り辛く、結局、二人で4匹くらいアナハゼをゲットしただけでした。

早速、神池に行きました。入口で100円を払います。要するに観光名所と言うことですね。
kamiike20061029.jpg
マッディーのちょっと小さめの野池って感じ

散歩道には、このような天然記念物のびゃくしん樹が多くあって神秘的な雰囲気をかもし出しています。
byakusinjyu20061029.jpg
樹齢1000年以上らしいです

半島の先には近代的な灯台があり、違和感さえ感じられます。
toudai20061029.jpg
無人の灯台です


そうそう、この神池は周りが海に囲まれているのに淡水のようで中には3万匹のコイやフナがいるそうです。見た目にはそんなにはいない感じでしたが、餌を求めて口をパクパクする光景には参りました(^^ゞ
koi20061029.jpg
ちょっと不気味でしたよ

まさかここで釣りはできないので早めの撤収となりました。この頃になるとお天気も回復して暑いくらいです。富士山の上の方が見えました。
fujisan20061028-6.jpg
この日も雲海が見えそうですね

結局、お昼前にはその場を離れ、伊豆半島を横断し、熱海を抜け、湘南海岸を走り、厚木付近の渋滞をくぐり抜け、PM6時過ぎに無事自宅に到着しました。
今回も1泊2日の旅行と短い時間ではありましたが、家族の絆を深め、思い出を作ることができました。やっぱり旅行はいいですね。次回の家族旅行はどこへ行こうかなぁ。もちろん、長女も含めて5人全員で…
スポンサーサイト
2006
10.24

今日のニュースピックアップ:夫婦げんか

Category: ニュース
今日のインターネットニュースにおもしろそうな記事が載っていましたので紹介します。

【夫婦げんかで先に謝るのは夫】 毎日新聞(10/23)
 第一生命経済研究所のアンケートで、現代夫婦のそんな実情が浮かんだ。
 ◇対象は、全国の30~60代の既婚男女約800人。夫婦げんかで妻側が先に怒り出すと答えた人は43%。夫が先に怒ると答えた人より6ポイント高く、仲直りでは「妻側が先に謝る」は13%で、「夫が先」(30%)の半分以下だった。世代別で最もけんかをしているのは30代で、若い人ほど女性優位の傾向が表れた。
 ◇「良い夫婦関係の維持には男性のより一層の努力が必要」と研究員。「熟年離婚」が増えるとささやかれる中、男性受難の時代が当分続きそう?【鈴木梢】

 結婚25周年を過ぎた我が家に当てはまるとどうでしょうか。確かに先に謝るのは私の方かもしれません。なんだかんだ言っても、結局のところその方が早く仲直りできるし。これも夫婦生活を円満にする秘訣の一つかもしれませんね(^_-)-☆
2006
10.21

6年目にして…

Category:
今私が乗っている車(エスティマL)は約6年前に購入しました。これまでに何度かぶつけられたりもしましたが、それ以外にはこれといって故障はありませんでした。それがこの前、右側の後ろのストップランプが切れていることがわかり、この日にやっと修理をしました。プロに修理を依頼すると高くつくので、自分でランプを交換しようと茨城のイエロー○ットで同じ種類のランプを購入(約600円)。そして、カバーをはずして交換。最初、カバーのはずし方が良くわからなくて苦労しましたが、車好きの友人にはずし方を聞いて何とかできました(^v^)
交換するまでは、切れているのが気になって運転がぎこちなくなっていましたがもう大丈夫です。次はどこの消耗品を交換することになるのでしょうか…
そういえば、タイヤの溝が減ってそろそろ交換時期になってしまいました。冬のボーナスが出たら交換しようかぁ(^_-)-☆

2006
10.19

ベッドから落下(゜o゜)

Category: その他
茨城に単身赴任してから今月から5年目に入りましたが、ついにやってしまいました(^^ゞ
今住んでいる独身寮はベッドなのですが、前日にちょっと疲れていたのか寝ぼけて床に落ちてしまいました。落ちた瞬間は、\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?、状態でした。でもすぐに理解できて思わず笑っちゃいました。そういえば、両手を挙げて回転しながら落ちたのを微かに覚えています。何故かとっても快い気分でした。この5年間に1回も落っこちなかったのが不思議なくらいです。ちなみにベッドの高さは床から30cmくらいなのでもちろん怪我はしませんでしたのでご心配なく(^v^)
2006
10.15

第9回わいわいCUP in Fパル佐野

Category: 釣り
秋空のもと、ナベ僧さん主催の「第9回わいわいCUP」がバスの管理釣り場である「フィッシングパル 佐野」で開催されました。
前回のわいわいCUPからもう7ヶ月が経過し、そろそろまたみんなに会いたいなぁ~って思っていたところなので、喜んで参加しました(^_-)-☆

今回は、かっしーさん、しゅうGさん、しゅりさん、洗心さんたっきーさん、たれもんさん、デブチョコボ3世さん、どんさん、ぶんさんyasuさん、ナベ僧さんと私の総勢12名で行われました。ぶんさん以外はおなじみの顔ぶれでした(^^♪

今回のルールがいつもと違っていて面白かったです。何と時間毎に使えるルアーが決められていたのでした。
・受付開始~AM8時:プラグ系(TOP、クランク、ミノーなど)
・AM8時~AM9時:ワイヤー系(スピナベ、バスベイトなど)
・AM9時~AM10時:ワーム&ジグ系(グラブやラバージグなど)
という感じです。そして今回はそれぞれの部門の優勝者にはマスターの称号が与えられます。更に総合得点が一番の人には何とバスマスターの称号が与えられることもあってみなさん始まる前から殺気立ってました(^v^)

詳細の結果及び雰囲気は他の人のHPやブログを見てもらうとして、ここでは私に関することを書きますね。あそうそう、この日参加した多くのメンバーの顔写真がFパル佐野のHPにある「近況報告」に写ってましたよ(^_-)-☆

*朝の4時頃に起きてすぐに自宅を出発。外環道の大泉JCから入って外環道の外回りを走り、川口JCから東北道に入りました。それにしても東北道は皆さん飛ばしますね。私は安全速度でのんびりと走り、集合時間であるAM6時の10分前くらいに佐野藤岡ICを降りました。そこから「フィッシングパル佐野」までは5分くらいなのですが、何と降りる方向を間違えて反対方向へ行ってしまい、結局到着したのがAM6時ピッタシでした(^^ゞ
既に皆さんお待ちかねで、とりあえずご挨拶。エントリー費を払って記録用紙&ペンをもらい、まだ開場には時間があったので、ベイトリールのラインを巻き直しました(ナイロン20ポンドからPE8ポンドに)。やっぱり気分を変えたいですからね。

開場してから受付前で注意事項を聞きながら1日券(4000円)を購入。既に何人かの人はいいポジションを確保して釣り始めています。私は3年ぶり2回目なので釣れるポイントがいまいちわからず、とりあえずしゅうGさんの隣に陣取りました。実はあとで大変なことになるとは知らず‥
まずはプラグ系ということでしたので、私のお気に入りでもあるシャッドから投げました。すると1投目から当たりがあり、すかさず電撃フッキング! 「プツン!」って感じでラインブレーク。ショック~ 今思うと、バスではなくて中央部にある馬の背に根カガリしていたのかもしれませんが、この一瞬で私のマスターへの道は砕け散ったのでした(>_<)
その後も数回当たりがあったものの、フッキングが甘くてバラシ多数。結局、2匹ゲットで終わっちゃいました。こんな私とは対照的に隣でしゅうGさんがバンバン釣ってます。わいわいルールでは釣った数を自分で記録するのではなくて、他のメンバーが記録することになっていたので、プラグ系の時は私はロッドを振っている時間よりもしゅうGさんの記録紙にペンで正の字を書いている時間の方が多かった気がします(^v^)
でも、この日に連れて来れなかったお子さんの為にバスマスターを真剣に狙っているしゅうGさんなら、今日は時間を惜しんで記録係りに徹しても良いと思いました、マジで(^_-)-☆
次の時間は「ワイヤー系」。私は多分釣れないだろうと思っていたのですが、何とスピナベで2本も釣れちゃいました。ちょっとうれしかったりします。
そして最後の「ワーム&ジグ系」では自分の好きなワームが使えるので頑張ろうと思いましたが、流れ込み以外はあまり釣れなくて結局5本でタイムアップ。
その後の表彰式では、私はスピナベ部門で「ブービー賞」。ワーム部門ではナベ僧さんの勘違いでたれもんさんとのジャンケンをせずに「飛び賞」を頂きました(^o^)丿
総合得点13点で総合8位。まあまあかなぁ~

その後は、みなさん思い思いの釣りをやり、私も他のメンバーと色んな話しをしながら貴重な時間を共有させて頂きました。
この日は、茨城の寮へ戻る予定がありましたので、PM2時過ぎに早上がりとなりました。途中まで車で誘導してくれたデブチョコボ3世さんありがとうございましたm(__)m

やっぱり、気のあった釣り仲間とワイワイと釣りをするのは楽しいですね。このような機会を年に数回与えてくれるナベ僧さんに感謝します。
また次回のわいわいCUPにも参加させてもらいますよ。次は毎年冬の恒例であるドナルドソンになるのかぁ。また皆さんと楽しい釣りができることを楽しみに待ってま~す!

PS.最近めっきり疲れやすくなっていた私は、帰る途中で無性に眠たくなり、コンビニの駐車場で30分以上寝込んでしまいました。そしてやっとの思いで寮に着いてから、夕食までの時間をちょっと休もうとベッドに横になったところ、バタンキュ! 目が覚めたのは夜の10時過ぎでした。8時に携帯の目覚ましをかけていたのに目が覚めませんでした。こんなことはあまりないのですが‥
最後にこの日の写真をUPして終了します。

waiwai9-4.jpg
朝は寒かったので防寒着を着てました

waiwai9-5.jpg
いつも楽しいしゅうGさんです

waiwai9-6.jpg
ワーム部門飛び賞(ポット)ゲット

waiwai9-7.jpg
プラグ部門ブービー(羊かん)ゲット

waiwai9-3.jpg
今回参加した私の大切な釣り仲間です

2006
10.10

出勤前に秘密のポイント調査

Category: 釣り
今日は、久しぶりにアッシュさんとHY池に行ってきました。
バスが固まっている流れ込みは予想通り止まってました(>_<)
桟橋からテクトロなどを30分くらいやったのですが反応がまったくないので、以前釣り仲間に教えてもらった秘密のポイントへ早めに行くことにしました。秘密のポイントと言ってもHY池に来る人はほとんど知っているようですけど…
HY池から30分くらい車で移動。地図で予め調べていたのでそこまではすんなりと行けたのですが、車を止めるところがわからなくてしばし迷走(^^ゞ
何とか公園の駐車場に車を止めて沼の周りを調査。ここはHY池と違って広すぎです(゜o゜)
沼の周りを歩くだけで疲れてしまいました。また初めての場所なので釣りのポイントがまったくわからず結局当たりも無く終了。ここはまた来年になって、バスがバンバン釣れ始めた頃にポイントを知っている人にガイドしてもらおうかなぁ(^_-)-☆

sanuma20061010-2.jpg
もう秋ですね。ススキが何となくいい雰囲気でした(^^♪

sanuma20061010-1.jpg
対岸の上の方にお月さんが見えました(^o^)丿

2006
10.05

今日のピックアップニュース:小文字言葉

Category: ニュース
「小文字:10代女子に流行、難解・新表記 ネット時代の自己表現!?」毎日新聞

「ゎたしゎ、きょぅゎ部活がなぃの」「ぁたしゎ、中一です」--。女子児童や女子中高生同士がやりとりする携帯メールやインターネットの掲示板で、一部の文字だけを小さく記す文章が目に付くようになった。「小文字」と言われ、どの文字を小さくするのか、独自のルールもあるらしい。
「小文字」は、どんな文字でも小さくすればいいというわけではない。小さくするのは「あいうえお」「つ」「やゆよ」「わ」だ。それに「ヶ」も加わる。ルールの秘密は「普通の携帯メールで小さくできる字だから」。携帯メールやパソコンをローマ字入力にした時、「l(Lの小文字)」を打ってから「wa」と打つと「ゎ」、「li」なら「ぃ」に変換される。

 実は、小文字がはやる前にも「ギャル文字」という表現スタイルが流行した。渡辺さんは「ギャル文字はアルファベットや記号を組み合わせ、カタカナやひらがなに似せた表記で、3年ほど前にはやった」という。「字も小さい方がかわいい」と話していた女子中学生は「ギャル文字は(年齢が)上の人が使っている。私は読めない」と話し、流行の移り変わりの早さをうかがわせる。

全国小学校国語教育研究会事務局長の飯田薫・東京都八王子市立鑓水小学校長は「手書きしかなかった時代、女子の間では丸文字を書くのがはやった。ネット時代は小文字で子どもなりに自己表現をしているのだろう。教室でノートを見ると、きちんとした書き方をしている。多くの子どもが使い分けをしているようだ」と言う。しかし、渡辺さんは「大人も読むネット掲示板で、子どもが小文字を使って記し、それを見た大人が『まじめに書いているのか』と注意したケースがあった。子どもに対してもネットの掲示板の記し方のマナー教育が必要な時代になったようだ」と話す。

 ⇒そういえば、我が家の高2の次女からのメールは以前からこの小文字で書かれていました。この記事を読んでなるほどって感じですね。まあ、娘から来るメールはかわいらしく見えるのでいいけど…
2006
10.04

今日のピックアップニュース:円周率暗唱

Category: ニュース
この日のニュースの中で私の目に留まったのがこの記事。
「円周率暗唱:原口さんが10万桁達成 世界記録を更新」というもの。

毎日新聞によると、
「円周率暗唱の世界記録を持つ千葉県茂原市の心理カウンセラー、原口證(あきら)さん(60)が4日未明、暗唱10万桁(けた)を達成し、自らの世界記録を更新した。

 原口さんは3日午前9時、木更津市のホールで暗唱を開始した。円周率の数字配列を日本語に語呂合わせする独特の方法で暗唱を続け、自身が昨年7月に作った8万3431桁の記録を更新。開始から約16時間半後の4日午前1時28分に10万桁を達成し、チャレンジを終えた。昨年の記録に続き、今回の記録もギネスブックに申請する。ギネスブック上の記録は、95年に当時の慶応大生が作った4万2195桁。

 原口さんは宮城県生まれ。日立製作所などに30年以上エンジニアとして勤務し、97年に退社した。記録更新について「10万という数字は昨年の記録の延長線。私は決して天才ではなく、普通のおじさんです」と謙虚に話した。【寺田剛】」

 ⇒私は何とか円周率8桁くらいまでは覚えていますが、それ以上は覚える気にもならなかったし、日常ではまったく必要ないし‥
それにしても10万桁を記憶するって凄すぎですね。世間には色んな人がいるのを実感しました。私にはちょっと気が遠くなるような話題でした。
2006
10.02

思い出のビデオ(Hi8)の取り込み完了

Category: 家族
以前のブログにも書きましたが、約17年前から家族の思い出にとビデオカメラ(Hi8)で映像を撮り続けてきました。当初は毎週のように出かけてはビデオを撮っていましたが、5~6年前くらい前からビデオの調子が悪くなり(バッテリーの充電ができない)、ほとんど撮らなくなってしまいました。その頃からは逆にデジタルカメラで撮った思い出の静止画が多くなっています。
最近になって、「もし手持ちのビデオが壊れたらせっかくの家族の思い出がすぐに見られなくなる」って不安になったので、アナログのビデオテープ(Hi8)をデジタル化することにしました。そして、本日やっとビデオテープ(Hi8)の映像を、すべてPCのHDへの取り込みが完了しました。合計で34本ありました(約70時間分)。途中で、ビデオカメラの電源が入らなくなり、マジでオークションで中古を購入しようかと思いました。でも偶然、次の日にまた電源が入ったので速攻でHDに取り込んだのは言うまでもありません。
でもまだこれからが大変です。HDに取り込んだ映像を、日にちや行事別に分割し、編集をしないといけません。その後、とりあえずすべての映像をDVD-Rに記録して、必要があれば、新たに行事別にまとめたDVD-Rを作成しようと思っています。そして、そのDVD-Rを自宅に持って帰って家族で観たり、田舎の母にプレゼントしようと考えています。それまでは毎日時間をみつけて、少しずつ編集をしていくつもりです。
2006
10.01

単身赴任生活 5年目に突入!

Category: その他
思い起こせばちょうど4年前の今日、茨城での単身赴任生活が始まりました。
社会人になって長期出張や出向はありましたが、今回のような転属は初めてでした。でもこれまで10年以上やってきた仕事の集大成なので満足しています。
ただ、単身赴任生活と言っても実質週末には東京の自宅に戻っているので、4年間毎週出張しているような感じです(でも本当はシンドイです)。
ここでちょっと単身赴任生活に関しての計算をしてみました。実はこの4年間で週末に自宅に帰らなかったのは数回しかありませんので、単純計算で、200回以上は東京の自宅から茨城の寮まで往復したことになります。距離に換算すると、4年間で30000km以上車で走ったことになります。また高速代が往復で2500円なので、4年間で50万円。ガソリン代も4年間で約50万円くらいになります。もし週末に自宅に帰らなければ100万円は溜まったことになります。でも家族に会いたくて、そして家族のため(買い物や送迎など)に毎週帰ってしまうのです。この単身赴任生活は最高で定年まで続く可能性があります。いつまで身体が持つかわかりませんが、頑張って週末は自宅に帰りたいと思います。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。